目の下のくまTOP > 下眼瞼脱脂の方法・種類

目の下のくまは解消できる。腫れない、傷を残さない下眼瞼脱脂の驚くべき効果をご体験ください。

下眼瞼脱脂の方法・種類

下眼瞼脱脂というのは、眼窩脂肪を除去する治療の総称です。外側からアプローチする方法(皮膚アプローチ法)。まぶたの裏側(結膜側)を数ミリ切開し、結膜 → 眼輪筋 → 脂肪層へと侵入して過剰な眼窩脂肪を除去する経結膜法(粘膜アプローチ法、Pre-Septal法)があります。

アプローチの方法はそれぞれ違いますが、基本的な治療原理はすべて同じです。また、その際に使用する医療器具の違い、メスを使うか、炭酸ガスレーザーを使うかという差はありますが、治療原理としてはすべて同じであるということを理解しておきましょう。

皮膚アプローチ法

皮膚アプローチ法

皮膚アプローチというのは単純に下まぶたの表面側から治療を行う方法です。皮膚表面を数ミリ切開し、そこから眼窩脂肪を除去しますので、粘膜アプローチよりも正確に眼窩脂肪を除去することができるというメリットがあります。
しかし、皮膚表面を切開しますので、傷跡やダウンタイムを生じるため下眼瞼脱脂の治療の中でも敬遠されがちな治療法です。 皮膚アプローチのメリット、粘膜アプローチのメリットの双方を兼ね揃えたのがPre-Septal法なのです。

粘膜アプローチ法

粘膜アプローチ法

まぶたの裏側の経結膜から、眼窩脂肪に向けて直接侵入する方法で一般的に多くの美容外科で行なわれているのがこの手法です。
まぶたの裏側からアプローチし、そのまま眼窩脂肪の層に侵入します。治療方法としては比較的容易な方法ですので、多くの美容外科医が実施している、できる治療法の一つです。後ろ面から脂肪を除去するため、表側から除去するのと比べ、ロスを生じる可能性があり、過剰な除去になってしまうリスクがあります。

Pre-Septal法

Pre-Septal法

Pre-septal法は一般的に行なわれている脱脂術とは大きく違います。それはどの位置から脂肪を除去するかという違いです。結膜側から治療するのは同じですが、眼窩脂肪を適当な位置から除去するのと、瞼の前面側から除去するのとでは、大きな違い、差を生じるのです。ただし、Pre-Septal法は特別なマイクロサージャリーテクニックが必要で、国内でも数名の医師しかできず、ほとんどの美容外科医は対応できません。





下眼瞼脱脂の術後の状態

皆さんが気になるのは下眼瞼脱脂の治療後、治療直後はどう言った状態なのかということでしょう。下眼瞼脱脂は基本的にはダウンタイムの無い治療です。腫れや内出血なども引き起こさないのです。特別な方法でなくともそれが一般的な経過なのです。

これは下眼瞼脱脂直後のお写真です。膨らみが解消しているだけでなく、誰が見ても普通の状態なのです。

これは実際に除去した眼窩脂肪です。眼窩脂肪をよく見ると赤い血管が通っています。血管の処理する技術で腫れや内出血の状況は大きく違います。 治療直後の状態です。なんら不自然なことではありません。ヒアルロン酸の注射などに比べてもダウンタイムは圧倒的に少ないのが本治療の特徴です。

治療後に気をつけること

下眼瞼脱脂を受ける方に知っておいて欲しいことがあります。それは治療当日はできるだけ安静にするということです。強い腫れや痛みのある治療であれば安静にするのですが、下眼瞼脱脂はそう言った問題がないため、中には治療直後、直ちに買い物に出かけたり、中にはパチンコに行ったという方もいるようです。そりゃそうですよね。キレイになったし、何の苦痛もなければ出かけたくなる気持ちはわかります。しかし、それは絶対に止めたほうが良いのです。

なぜ安静が必要なのか?

それは眼窩脂肪には多くの血管が繋がっています。脱脂術の際にレーザーや電気メスでしっかりと血管を止め、十分な止血はするのですが、ごく稀に止めた血管が再び開いてしまうことがあるからです。その要因は血圧の変動や、運動などです。過剰な安静、絶対安静ではありませんが、治療後は速やかにお家に帰ってしっかりと休んだ方が良いのです。

術後の検診は必ず受けよう

治療を受けた結果に満足していれば、術後の検診なんて面倒だし、行く必要もないと思われている方が多いのですが、これは大きな間違い。もちろん病気の治療ではありませんから、継続的な治療が必要なわけではありません。しかし、医師には治療を行った責任があるのです。
また、何も問題がないとは限りません。素人判断は絶対に避けるべき。治療を受けたなら、医師から終了という判断が出るまでは通院しましょう。

それと治療結果に少しでも不満や、不安がある場合は、他の医師に相談するのではなく、治療を行った医師、主治医にしっかりと相談して下さい。治療責任は貴方個人にあるのではありません。すべての責任は医師なのです。悪意のある医師は個々の責任にしますが、それは全く違います。繰り返しますが、すべての責任は医師にあることを絶対に忘れないでください。
個々の責任にし、それで貴方が泣き寝入りしてしまうと、その医者はさらに被害者を増やすだけです。

複合治療には要注意

目の下のくまの治療には下眼瞼脱脂以外にもいろんな治療との併用を推奨する医師も多い。しかし、それは本当に正しいことなのか? 複合治療の結果が本当に満足のいくものになるのか? 甚だ疑問である。現実に、ヒアルロン酸注射ではミミズ腫れのトラブル、コンデンスリッチやPRP、成長因子においては不自然な膨らみなどのトラブルを引き起こしている。中には下眼瞼脱脂で除去した眼窩脂肪を使って凹みを補填するという医師までいる。こう言った複合治療にはいろいろな問題が隠されているのである。

複合治療の現実

  一生涯悩み続けることになる
  修復不可能な、修復に数十年かかる場合が多い
  無責任な医師は何ら責任すらとってはくれない



下眼瞼脱脂に関する専門サイト