目の下のくまTOP > 目の下のクマに関するキーワード辞典TOP > 目の下のたるみ解消の人急増中!?

目の下のたるみ解消をしたい人急増中!?低リスクで、高い効果が実感できる「下眼瞼脱脂」があるからこそ、たるみを解消したい人が増えている。

目の下のたるみは老いを表現してしまうだけではなく、見た目の美しさを大きく損ねてしまいます。そのため多くの女性はメイクや基礎化粧品に頼っていることでしょう。しかし、現実にはメイクは隠すだけしかできませんし、基礎化粧品では思っている以上に効果を実感できるものでもありません。

そこで増えているのが積極的な目の下のたるみ解消です。中でもダウンタイムを必要としない「下眼瞼脱脂」は多くの女性に圧倒的な人気があります。目の下のたるみで悩んでいる方は美容外科に頼って見るのも悪くありません。何より積極的な治療であなたの美しさ、若さが保たれるのならこれから先のあなたに大きな影響を与えることでしょう。

タイプ別目の下のたるみ解消の方法

気になる目の下のたるみ あなたはどのタイプ?	クマはそれぞれ状態で違ってくるもの!!

目の下のたるみを取る手術には2つのタイプがあります。それは下眼瞼脱脂、下眼瞼切開。

膨らみが大きい目の下のたるみ
プクッとした膨らみや、なんとなく腫れぼったい膨らみ。これらは全て眼窩脂肪が影響しているのです。眼窩脂肪とは眼球を覆っている脂肪の塊で誰でもあるもの。しかし、眼球を支えている靭帯が緩んでしまうことで眼窩脂肪に圧力が加わり、押し出されてプクッとした膨らみのたるみを作ってしまうのです。
皮膚のたるみが強い目の下のたるみ
皮膚そのものの伸び、弛緩によってできてしまった目の下のたるみ。その原因は皮膚にあります。もともと目の下の皮膚は真皮層が薄く、ハリや弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸が少ないため非常に伸び易く目の下のたるみは多くの女性の厄介な悩みの代表的なものなのです。
目の下のたるみ解消の方法

下眼瞼脱脂による眼窩脂肪の除去



下眼瞼脱脂の概略

まぶたの裏側から眼窩脂肪に直接アプローチ。適量の眼窩脂肪を取り除き、膨らみを解消させる。この方法は腫れなどのダウンタイムを伴うことがないため誰でも気軽に受けることができる。

目の下のたるみ解消の方法

下眼瞼切開による皮膚の除去、引き上げ



下眼瞼切開の概略

たるんでいる皮膚を切除して引き上げるため確実な若返りが可能。数年前のたるみの無かった目元に変われるため根強い人気のある若返りの美容整形である。また、目元だけではなく、ほうれい線の改善にも効果的。

さらに詳しい下眼瞼脱脂はこちらから
さらに詳しい下眼瞼切開はこちらから

目の下のたるみ解消する前に知っておくべき注意点

あなたが目の下のたるみ解消を決断する前に知っておくべき3つのポイントを紹介します。治療を受けてからではもう遅い。受ける前だからこそ十分注意して欲しいんです。

どんな治療であってもリスクはある

どんな治療であっても少なからずリスクは伴うものです。大切なのはそのリスクを理解しておくこと。さらにはそのリスクからリカバリーできる医師の下で治療を受けることです。治療そのものはある一定の技術水準があれば、下眼瞼脱脂も下眼瞼切開もできるものす。しかし、大切なのはできるのではなくなんらかの問題を引き起こした場合に修復できるのかということ。もちろんそれは医師側によるもの。なので医師選びには十分な時間をかけて安心できる医師を探しましょう。

医者の技術と経験で仕上がりが違う

目の下のたるみ解消は、膨らみを取ったり、緩んでいる皮膚を切除するのですが同じ治療であっても仕上がりの自然さ、効果の持続、さらには術後の経過までも医者によって大きく違って来ます。それは技術・経験による差と美的センスの違いがありますので目の下のたるみ解消を考えている方は広告や料金に左右されず、医者の経歴などを細かくチェックし専門医の下で治療を受けましょう。

ハムラ法には要注意 !!

最近では目の下のたるみ解消で注目されなくなって来た「ハムラ法」。一時的な流行や他の治療法との差別化させる広告的な意味合いの治療でしかないような目の下のたるみ解消。やはり日本人には不向きな治療であった。数年前まではハムラ法を推奨していた医者ですら現在は下眼瞼切開を推奨しているのがその証拠であろう。一般的に目の下のたるみ解消は「下眼瞼切開」が優れているのである。

下眼瞼脱脂に関する専門サイト