目の下のくまTOP > 下眼瞼脱脂の体験談・口コミ > 失敗事例③

治療を受ける前によく考えて!!目の下のくまの治療には多くの失敗やトラブルや潜んでいます。失敗してからではもう遅い。実際の体験談を参考にして下さい。

私はこれで失敗しました

コンデンスリッチを受けて半年が過ぎています。ホームページでは吸収されない、しこりにならないとありカウンセリングに行ったら、吸収は一定量される、しこりについても頻度としては少ないと説明。しかし、目の下のクマが治るどころかしこり?のような膨らみが残ったまま。

----- 今の状態をお聞かせください。

コンデンスリッチファットと呼ばれる方法です。お腹から脂肪を取ってそれを処理して目の下に注入しました。もちろん、自分自身の脂肪なので安全だし、もともとクマを気にしていたので画期的な治療だと思い受けました。

治療を受けてこの4月で2年目になります。しこりは変わらずです。大きくもなりませんし、小さくもなりません。全く変わらない状態ですね。


----- どうしてコンデンスリッチファットを選ばれたんですか?

目の下のクマが気になっていたのは何年も前からでしたが、整形までは全く考えていませんでした。でも友人が二重まぶたにしたのをきっかけになんとなく整形もありなのかなと抵抗が和らいだからです。
いろいろと調べているうちにコンデンスリッチファットを知りました。もちろん、下眼瞼脱脂という方法も知ってはいましたが、凹んで大変なことになったなどの失敗例が多く、選択肢には全く入っていませんでした。
コンデンスリッチファットは自分自身の脂肪だし、部分的に痩せられるということが魅力でいろいろと調べてこの治療が良いかなと選んでしまいました。ネットではしこりやトラブルなんてほとんど目にしませんでしたら。

----- 主治医からの説明をお聞かせ下さい。

脂肪注入についてはしこりになるという全くゼロではありませんでしたが、どこのホームページを見てもコンデンスリッチファットはしこりにならない、しこりができないという触れ込みだったのでこれしかないと思って診察に行きました。

担当の先生は院長先生でした。しこりって本当にできないんですか?と聞いたところ、できる可能性はもちろん否定できない。でもうちの方法だったら大丈夫。私のところは他の美容外科の教育機関でもあるからね。しこりの心配はないですよ。

その言葉をそのまま信じた私が馬鹿でした。今になって考えれば手術の時の同意書には仕上がりには個人差があるということ。しこりについても絶対にできないという保証はないという文面があったんです。

----- 今の状態はどうなっていますか? 経過とともに教えて下さい。

今は少し膨らみが残っている状態です。治療後よりも膨らんできている印象はありません。悪化はありませんが、不自然なまま変わらないということも苦痛です。いっその事吸収されて無くなってくれれば良いのですが、2年でこれですからあと何年かかるのか本当に切実です。

ただ、吸収されないという説明でしたが、最近の医師の説明では少しずつ吸収されるだろうから時間が欲しいということでした。治療を受ける前はコンデンスリッチはしこりもできない、吸収もされないという説明だったにも関わらず、トラブルになったら今までの自分の発言を簡単に覆されたので信頼は全くないです。

コンデンスリッチを専門としている美容外科ですし、ホームページには指導医的な掲載があるのですが、技術のなさ、誠実さともすべてない医者だったんだと自分自身の見る目の無さ後悔するばかりです。

----- 一般的な見解として

コンデンスリッチファットを推奨する医師の多くは残念ながら美容外科の経験が豊富な専門医ではありません。専門医の資格すら持ち合わせていない、形成外科の基礎ですら学んでいない悪質な医師が多いのです。その根拠が過剰な広告です。

しこりができない、吸収されない? 美容外科学会では絶対にそのような発言・見解はありません。学術的にそういった評価はされていませんし、そのような発言をしたらすべての医師から非難されるでしょう。しかし、ホームページや広告などでは平然と根拠のない表現が用いらているのです。

厚生労働省や自治体である保健所などはそこまでの指導はされていませんし、何より医師が広告技術に対する発想が天才。あれやこれや様々な表現方法を変えては行政指導を免れているのです。好きな言葉はおそらく「情熱」でしょう。それも医療技術ではなく、顧客を騙す欺く情熱に力を注いでいるのです。

だからこそ、クリニック選びはより慎重に!!

目の下のくまの治療には下眼瞼脱脂以外にもいろんな治療との併用を推奨する医師も多い。しかし、それは本当に正しいことなのか? 複合治療の結果が本当に満足のいくものになるのか? 甚だ疑問である。現実に、ヒアルロン酸注射ではミミズ腫れのトラブル、コンデンスリッチやPRP、成長因子においては不自然な膨らみなどのトラブルを引き起こしている。中には下眼瞼脱脂で除去した眼窩脂肪を使って凹みを補填するという医師までいる。こう言った複合治療にはいろいろな問題が隠されているのである。

下眼瞼脱脂に関する専門サイト