目の下のくまTOP > 目の下のクマに関するキーワード辞典TOP > 下眼瞼脱脂のダウンタイム

下眼瞼脱脂のダウンタイムとは

下眼瞼脱脂を受けてから普通の状態に回復するまでの期間のことをダウンタイムと言います。下眼瞼脱脂では、麻酔の注射による腫れや下眼瞼脱脂の手術に伴う腫れ、むくみ、内出血などが出る可能性があり、そういった症状を引き起こしてしまうと、日常生活の活動に制限が加わることがある。

その人の職業や本人の意識によって回復期間には違いがあるが、手術前の生活を取り戻せるまでの期間には余裕を持って治療に望むことが大切である。

下眼瞼脱脂の正常な経過の場合

下眼瞼脱脂で何の問題も引き起こさなければ、術後から軽いむくみ程度の状態で周囲からバレる可能性もほとんどありません。極端なことを言えば、翌日から仕事への復帰も容易である治療なのです。

下眼瞼脱脂における正常な経過)・腫れない・内出血がない・痛みがない

もちろん、これらは正常な経過をたどる場合のもの。眼窩脂肪の層にうまくたどり着けず組織を模索してしまうと強い腫れを生じるでしょうし、しっかりと止血ができていなければ内出血などの問題を引き起こす場合もあるのです。

万一、正常の経過で済まなかった場合のリスク

いくらダウンタイムの少ない下眼瞼脱脂と言っても、リスクや問題点を引き起こす可能性は否定ができません。ここでは下眼瞼脱脂で起こりうるダウンタイムのリスクと問題点についてご紹介します。

下眼瞼脱脂におけるリスク・強い腫れ・内出血・痛み・凹みなど

もちろん、これらの問題は全ての人に起こるわけでは無い。残念ながら多くの人はダウンタイムの少なさに驚くだろう。しかし、最悪の経過としてはこのような問題があることを想定して下眼瞼脱脂に望むことをお勧めします。

ダウンタイムは全ての人に共通しているわけではない

下眼瞼脱脂の治療そのものが全てうまくいけばダウンタイムは一切引き起こさないし、土曜日に治療して日曜に休んで、月曜から出勤したところで誰にもバレることはありません。事実、私は平日でしたが治療を受けて翌日は普段通りに出社できた経験があります。 しかし、これはあくまで普通の経過、正常な経過によってダウンタイムを必要としなかっただけ。もしも腫れや内出血を引き起こしていたらこのように普通の過ごし方はできなかったでしょう。

内出血などの問題はどれくらいの頻度で起こるか? こればかりは運としか言いようがないようです。もちろん治療を行い医者の技術、丁寧さは内出血の出現に大きな影響があるとのこと。結局は医者の技術一つで大きく違うということを知っておきましょう。

結局は医者の技術レベル、経験値で大きく変わる

下眼瞼脱脂に限ったことではありません。どんな治療であっても下眼瞼脱脂を行う医者の技術、経験値でダウンタイムや治療の結果・満足度は格段に違います。雑な手術しかできない医者は眼窩脂肪の層をうまく探し出せず、探りまくって強い腫れや内出血を引き起こしたなんてトラブルも少なくありません。

また、中には下眼瞼脱脂の適応がないにも関わらず、下眼瞼脱脂の治療を斡旋し、凹みができたら脂肪注入を勧めてくる悪質な医者もいます。

しかし、残念ながらそれを見極めることは不可能です。ホームページ等で医者の経歴などをしっかりと確認し、専門性などを十分把握することが大切です。

私たちが推薦する下眼瞼脱脂の名医

推薦するには訳がある。実績・経験、技術を総合的に評価した下眼瞼脱脂の得意な名医を厳選し紹介しています。これまでの経験等は、これまで美容医療に携わってきた私たちだからこそできること。どうぞ安心してご相談下さい。

推薦するには訳がある。実績・経験、技術を総合的に評価した下眼瞼脱脂の得意な名医を厳選し紹介しています。これまでの経験等は、これまで美容医療に携わってきた私たちだからこそできること。どうぞ安心してご相談下さい。
/下眼瞼脱脂は本当に良い治療!/実は下眼瞼脱脂はヒアルロン酸注射よりもダウンタイムのリスクが低いことを知っておこう!

誰もがヒアルロン酸注射は注射するだけなのでダウンタイムは最小限で、腫れや内出血などの心配が無いと思っているもの。しかし、それは少し違う。なぜならヒアルロン酸注射というのは血管の見えない部分に注射するブラインド作業。実際に血管を傷つけることは十分想定できるのです。それとは逆に下眼瞼脱脂は直視下で治療するため血管を避けながら治療するのです。また、万一出血したとしてもその場で止血するため広がることはありません。
「注射=ダウンタイムなし」というのはあくまで印象だけ。実際には治療の方がはるかにリスクや結果の満足度は優れているのです。

下眼瞼脱脂に関する専門サイト