目の下のくまTOP > 目の下のクマに関するキーワード辞典TOP > 目の下のクマを取る

目の下のクマを取る 傷やダウンタイムなんて一切必要なし。誰でも簡単に解消できる目の下のクマを取る方法をご紹介します。

電車の窓越しに映る自分の顔にハッとしたことはありませんか?
「私ってこんなクマあった?」目元の老化は少しずつですがどなたでも起こっているものなのです。でも慌てる必要はありません。目の下のクマは誰でも簡単に取ることができます。必要なのはあなた自身が「目の下のクマを取る!」と決める勇気です。その強い気持ちが美容医療には大切です。なぜなら実際に目の下のクマを取ったら「こんな簡単だったの?」、「もっと早く受けておけばよかった…」と拍子抜けする人がほとんどです。 ここでは実際に行われている「目の下のクマを取る方法」をご紹介します。

(目の下のクマの治し方)目の下のクマを取る 〜下眼瞼脱脂術〜いつまでも悩まない。今年こそ本気で治す。実は気軽に受けることができる!!「下眼瞼脱脂」で目の下のクマを取る。

目の下のクマで非常に多いのが膨らみを伴うタイプ。それが「影グマ」。影ぐまの原因は皮膚の薄さと眼球の重みにある。眼球の重みになんの関係があるのかと疑問を持つ方も多いことでしょう。実は眼球を支えている靭帯(ロックウッド靭帯)が緩んでしまうことで眼球の下にある「眼窩脂肪」が圧迫され、眼窩脂肪が前面に押し出されることで目の下の膨らみが出現し、影ぐまが作られるんです。 影ぐまはこのように原因が明確なので、きちんと対策・対処をすれば悩みを根本的に解消できるのでご安心ください。

実は簡単!  〜目の下のクマを取る〜

目の下のクマの原因「眼窩脂肪」を除去することができれば「目の下のクマ」を取ることができるのである。しかもこの下眼瞼脱脂と呼ばれる方法、腫れや傷跡などを残さないダウンタイムの非常に短い簡単な治療なのです。

[ 下眼瞼脱脂の概略 ]    受ければ満足!! 目の下のクマを取る方法
確実に目の下のクマを取る「下眼瞼脱脂」のご紹介

目の下のクマを取る方法にはいくつかの手法があります。なぜなら目の下のクマといっても様々な種類があり、種類に応じた原因があるためです。皮膚の薄さが原因である目の下のクマもあれば、膨らみなど立体的な目の下のクマなど当然ですが、それぞれに治療法は違うものなのです。

ここでは立体的な変化を伴う"影グマ"の治療法「下眼瞼脱脂」についてご案内いたします。

下のイラストをご覧ください。影グマというのは"プクッ"とした膨らみを生じることでできてしまう厄介なクマ。立体的なトラブルなのでメイクで隠すこともできません。しかし、立体的変化ということは膨らみを取ってしまえば、平らになり目の下のクマが取れるということ。

そのため治療を受ければ確実に目の下のクマは解消できるのです。

目の下のクマを取る方法のイメージ図

では、実際にどんな方法かというと、まず、眼窩脂肪の膨らみ部分に局所麻酔の注射を打ちます。十分麻酔の効果が現れたら、まぶたの裏側を少し切開し、眼窩脂肪を露出させます。膨らんでいる分だけの眼窩脂肪を適量除去します。この除去の量が適正量であればなんの問題も起こさず自然な仕上がりに整えることができるのです。実際の治療時間は30、40分程度で終了し、直後から目の下のクマは取られているので非常に満足度の高い方法なのです。

下眼瞼脱脂の特徴

目の下のクマの原因「眼窩脂肪」を除去することができれば「目の下のクマ」を取ることができるのである。しかもこの下眼瞼脱脂と呼ばれる方法、腫れや傷跡などを残さないダウンタイムの非常に短い簡単な治療なのです。

・確実な効果を短期間で実感できる・腫れや痛みなどのダウンタイムが無い・傷を一切残さないので周囲にバレない・リスクの非常に少ない治療である

■ 確実な効果を短期間で実感できる

目の下のクマの原因「眼窩脂肪」を除去することができれば「目の下のクマ」を取ることができるのである。しかもこの下眼瞼脱脂と呼ばれる方法、腫れや傷跡などを残さないダウンタイムの非常に短い簡単な治療なのです。

■ 目腫れや痛みなどのダウンタイムが無い

の下のクマの原因「眼窩脂肪」を除去することができれば「目の下のクマ」を取ることができるのである。しかもこの下眼瞼脱脂と呼ばれる方法、腫れや傷跡などを残さないダウンタイムの非常に短い簡単な治療なのです。

■ 傷を一切残さないので周囲にバレない

目の下のクマの原因「眼窩脂肪」を除去することができれば「目の下のクマ」を取ることができるのである。しかもこの下眼瞼脱脂と呼ばれる方法、腫れや傷跡などを残さないダウンタイムの非常に短い簡単な治療なのです。

■ リスクの非常に少ない治療である

目の下のクマの原因「眼窩脂肪」を除去することができれば「目の下のクマ」を取ることができるのである。しかもこの下眼瞼脱脂と呼ばれる方法、腫れや傷跡などを残さないダウンタイムの非常に短い簡単な治療なのです。

さらに詳しい下眼瞼脱脂はこちらから
下眼瞼脱脂に関する専門サイト