目の下のくまTOP > 目の下のクマに関するキーワード辞典TOP > 目の下のクマの原因

目の下のクマの原因とは!!目の下のクマの原因を知らなければ、効果的なスキンケアを受けることもできないし、あなたが望む美しさも手にれることはできない。
目の下のクマの原因を徹底追跡!!失敗しないスキンケアのための徹底ガイド「目の下のクマの原因」を是非参考にして下さい。

目の下のクマの原因はクマのタイプによって大きく違います。目の下の肌の色そのものが、青く淀んだクマ、赤っぽいくすんだクマ、色素沈着のように茶色っぽいクマ。色ではなく、膨らみや凹みなどと言った感じで、皮膚のたるみなどによって生じる立体的なクマがあります。 このように様々なクマのタイプがあるように原因もそれぞれ違うのです。

立体的な変化のない色だけの「目の下のクマの原因」

皮膚の色が影響している立体的変化のないクマの原因と特徴についてご紹介します。

青グマ	青ぐまは見た目以上に強い悪化ダメージを与えやすい 不健康、幸薄顔、疲労顔を作ってしまう厄介なクマ

青っぽい、黒っぽいくすんだ目の下のクマの原因は「皮膚の薄さ:非薄化」によって生じるクマです。皮膚が薄いということは色の透過性が強いため皮膚の下の組織や血管の色などが容易にすけて見えてしまいます。青や黒っぽい色というのは眼輪筋の色が透けていることが原因です。

(対策)目の下のクマの原因に合わせた適切な対策をご紹介

皮膚の厚さをコントロールするということは非常に厄介。そのためマッサージなどで血行を改善するなどの対策が必要です。皮膚の厚さを増やすという治療として期待できるのが「線維芽細胞」を用いた肌の再生医療です。ただし、この治療の効果は個人差があるということ、1回の治療ではなく数回の治療が推奨されているため費用が高額となるデメリットがあります。

さらに注意しなければならないのがヒアルロン酸注射です。厚みを出すことができますが実はそこに大きな落とし穴がある。ヒアルロン酸は無色の製品。むやみに目の下の注射すると返って透過性が高くなり、目の下のクマの色が悪化することも少なくない。

赤グマ	シミにも陥りやすい赤みの強いクマ 強い赤みのある目の下のくまは肌荒れもしやすい

赤っぽいクマにはいくつかのタイプがあります。このタイプのクマは原因が複雑なことが多いのです。それは毛細血管が表面に浮き出ていたり、血管腫のように広がっていたり、メイクなどによって皮膚が炎症を起こしているなどさまざまな原因が考えられます。また、青っぽいクマと同様、眼輪筋の透過によって赤く見えてしまうこともあります。

(対策)目の下のクマの原因に合わせた適切な対策をご紹介

皮膚に炎症がある場合は炎症を落ち着かせることが必要ですので医薬品を塗ったり、化粧品を変えたり、メイク落としなどに十分注意する必要があるでしょう。また、血管腫などの場合はレーザー治療によって一定の改善が認められています。

茶グマ	メラニンの影響でできるクマは老化をより強調してしまいがちまさかシミで目の下がクマっぽく見えるなんて...

茶色のクマというのはシミや肝斑などによって色素沈着を引き起こしている状態が多くメイクで隠せてもスッピンになると老化が酷い。メラニンが蓄積した肌質ですので、肌のターンオーバーを正常化させ、古くなってメラニンの沈着した角質は速やかに入れ替える必要があります。

(対策)目の下のクマの原因に合わせた適切な対策をご紹介

ケミカルピーリングやトラネキサム酸の服用、イオン導入や美白剤、レーザー治療(Qスイッチレーザー)などによる皮膚表面の治療が非常に有効です。

立体的な変化がある目の下のクマの原因

目の下に膨らみや凹みが出現している立体的な変化を伴う「目の下のクマ」。そのタイプと原因についてご紹介します。

影グマ	メイクで隠すことすらできない厄介な影ぐま。その原因は「眼窩脂肪」にある!!

目の下のクマのタイプで比較的多いのがこの影グマです。重度の影グマはプクッとした膨らみがはっきりと出ています。比較的軽度の影グマの場合は出ているような、出ていないような中途半端な状態であることも少なくありません。しかし、軽度の影ぐまは、写真に映った時や、電車の窓越しに映る自分の顔などにはっきりとくまの症状が現れてしまうのが特徴です。 このように影グマは膨らみが出てしまうことで立体的な変化を伴うのですが、その膨らみの原因は「眼窩脂肪」と呼ばれる眼球を覆っている脂肪が出ているからなのです。

— なぜ? 眼窩脂肪は出てくるの
眼窩脂肪が出てくる理由はいつくかあります。それはもともと目の下の皮膚は他の部位の皮膚と比べ薄いということ、さらに眼球を支えている靭帯が緩んでしまうこと下側の眼窩脂肪に荷重がかかり、前面方向に突出しようと働くためなのです。

— 予防はできないの?
残念ながら立体的変化を伴う影グマに有効とされる予防法はありません。スキンケアで予防できると表現している専門家やホームページなどあるようですが、現実に予防できたという例は残念ながらありません。眼窩脂肪の突出は過重によるものですので積極的に眼窩脂肪を除去することが望ましいのです眼窩脂肪の除去はクマの解消にもつながるだけではなく、将来的な予防効果もあるんです。

だったら解消法はあるの?
眼窩脂肪が原因による目の下のクマの場合、適切な治療法があります。それは「下眼瞼脱脂」と呼ばれる方法です。膨らみの原因である「眼窩脂肪」を直接的に取り除くことで膨らみを平らにして影ぐまの原因を取り除き、確実に解消することができるのです。

[ 下眼瞼脱脂をもっと詳しく知ろう ]
たるみグマ		たるんだ目元はただ老いを表すだけ。年齢相応では我慢できない、したくない。

目の下のたるみは加齢による皮膚の弛緩によって生じるクマです。しかし、この場合、クマというよりもむしろたるみと行った方が正しいでしょう。目の下の皮膚は非常に薄いため、表情豊かな方や濃いメイクの方に起こりやすいのが特徴です。また、皮膚のたるみと同時に、眼窩脂肪が突出していたり、頬のたるみによって全体が引き下がり、膨らみだけではなく、その直下に凹みを生じるケースも少なくありません。

(たるみによる目の下のクマの原因)  ・皮膚のたるみ  ・眼窩脂肪の突出  ・頬の下垂による凹み

これらの原因が単発もしくは複合的に重なることによって、目の下のクマが出現したり、悪化してしまうのです。

— 予防はできないの?
たるみクマの予防ですが、構造上皮膚の薄さがあるためこれといった予防法はありませんが、濃いアイメイクによる不適切なクレンジング、目元の擦りすぎ、乾燥を放置することでより悪化しやすいため、優しいクレンジング、十分な保湿ケアなどで一定の予防効果は期待できます。

— 解消法はあるの?
たるみクマの根本的な解決法は皮膚のたるみを取ることです。皮膚のたるみを取るというのは切開して余分なたるみを除去方法で「下眼瞼切開」と呼ばれる美容外科手術です。

[ 下眼瞼切開をもっと詳しく知ろう ]
下眼瞼脱脂に関する専門サイト